FX初心者必勝法TOP

FX初心者必勝法 新着情報

スポンサードリンク

FX初心者 トレンドをつかんで勝利の道を

FXで儲けるためには、なぜチャートを知っておくべきか分かりますか?

答えは簡単です。

FXで勝つためにはその時々の「トレンド」を押さえることが、

絶対に必要だからです。

といっても、トレンドには3種類しかありません。

上昇トレンド」「下降トレンド」「中立トレンド」です。

3番目の「中立」とは、上昇でも下降でもない、

方向感がはっきりしない値動きのことです。



もちろん、世界中で起こる様々なニュースや各種指標などが、

為替に与える影響も大きい。

しかし、チャートを調べて、それに基づいた投資を行うこと、

つまりテクニカル分析に基づいた売買がFX取引での基本中の基本となります。



FXにしても株にしても、相場の動きというものは決してランダムではありません。

必ずトレンドが発生しており、それに乗った売買をすることが、

勝率を飛躍的に高める要点なのです。

逆に言えば、トレンドを無視した売買は博打となんら変わらない、

運任せのものになってしまいます。


>>ランキングで他のFXブログを見る

RSI チャート

RSIはオシレーター系チャートの代表選手です。

「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」のポイントを見つけだし、

その反動を狙いに行くためのチャートです。

X軸が時間の流れ、Y軸にパーセンテージを置き、

50%を基準としています。

そして70%以上なら「買われ過ぎ」、30%以下なら「売られ過ぎ」の判断材料となります。

>>ランキングで他のFXブログを見る

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、RSIと同じく行き過ぎた相場を

パーセンテージから判断するチャートです。

やはり上昇すれば100%に近づき、下落すれば0%に近づきます。

これも一般的には70%以上なら「売り」、

30%以下なら「買い」サインと見なされます。

より精度を高めるために、それぞれ85%、15%に達した時を

目安とすると信頼度が上がると言われています。

>>ランキングで他のFXブログを見る

MACD

MACDとは、移動平均線を元に作られた、

売買シグナルを知るための指標です。

実際のトレードが高値を越えて上昇しているにもかかわらず、

MACDが高値更新できない場合は売りシグナルとなります。

その反対なら買いシグナルです。

また、レートの動きにMACDが追いつかない状態の時は、

一般的に相場転換点が近いとみなされます。

>>ランキングで他のFXブログを見る

トレンドライン

トレンドラインも、トレンドを把握する上では絶対に欠かせないチャートです。

その名が示す通り、過去の高値・安値を直線でつなぐことにより、

トレンドを知ることができます。

正確に言うと、上昇トレンド中のものは「サポートライン」(支持線)、

下落トレンド中のものは「レジスタンスライン」(抵抗線)と呼びます。




相場がある一定のトレンドを見せている時、

こうしてできたトレンドラインが一つの節目となることが非常に多い。

トレンドラインを越えて値が動いてきたら、

トレンドに変化の兆しをキャッチできる、有効なツールです。

といっても、見方は非常に簡単です。

サポートラインであれば、ローソク足チャートなどに、

過去二本以上の安値を結んで線を作る。

レジスタンスラインは逆に、二本以上の高値をつないで作る。

オンライン取引なら、画面上で線を引くことは簡単にできます。

上昇下降の明確なトレンドがない、もみ合い相場の時は、

高値と安値、それぞれのトレンドラインを引いてみるとよいでしょう。

その範囲内で値が動いていることがわかり、今後の相場がたちまち読みやすくなります。


>>ランキングで他のFXブログを見る
スポンサードリンク
Copyright (C) FX初心者必勝法. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。